わが子が英語で苦労しないために

東京在住の香織と申します。

カトリック系の私立幼稚園に10年勤務したあと、イギリス留学をして幼児教育を学び、現在は港区で幼児向け英会話教室を運営しています。

小学校から大学まで英語の授業を受けたにも関わらず、街中や海外で外国人と英語で話したりコミュニケーションができないのは、とても恥ずかしいことだなあと非常にコンプレックスを感じました・・

受験だけで終わらない、実践で使える英語力を身につけるにはどうしたら良いか、自分の子供たちにいくつかの方法を試しながら、自然なバイリンガルになるように二人三脚で取り組んでいます。

去年、小学3年生の息子が英検2級に合格しました。

幼児教育で有名な「家庭保育園」を購入して、実際全部の教材の活用は残念ながら無理でしたが、イメージが書いてあるカードとその絵の単語をネイティブが発音してくれるCDだけは、赤ちゃんのときからしっかり実践しました。

そんなに早くから?と驚かれる方もいるでしょう。

でも、国際結婚をして海外で暮らす友達のお宅では、これが普通に日常おこなわれ、自然と2ヶ国語を話せる子供になっています。

とくに母親の言語を早く習得するので、外国にいたとしても母親と接するうちに自然と母国語を身につけて、現地の学校では外国語を自然に吸収することができます。なので、外国語習得を目的とした親子留学をするなら、出来るだけ小さいうちが効果的だと思います。

私の親友の場合、幼稚園3年間をアメリカで過ごした息子さんはいま小学3年生ですが、日本へ戻ってからも英語を流暢に話すことができます。

このように子供は大人よりもずっと簡単に言葉を覚えてしまいます。それは、言葉を自然に覚える能力には臨界期があるからです。臨界期は10歳くらいまでといわれていて、それまでに英語に触れていれば日本語にない音も判別することができます。

たとえば、日本語にない英語のRやLの音の聞き分けは、この臨界期前に習得しておけば、簡単に英語を聞き取ることができる英語耳になります。

大人の日本人がいくら英語をがんばっても、なかなか違いを判別できないのはそのためです。

こういうことから、幼児から英語にふれさせてあげて英語耳を養ってあげようと、我が家では赤ちゃんのときから実践してきました。

毎日ですので大変なときもありますが、慣れて習慣になってしまえば大したことではありませんので、興味のある方はぜひ実践してみてください。うちの子供たちがそうであるように、きっといつか感謝してもらえるはずです。