kiminiオンライン英会話の新機能!お気に入り講師を見つけやすくなりました

kiminiオンライン英会話に新しく機能が追加されて、お気に入り講師をとても見つけやすくなったのでレポートします!

引用元:公式サイト
引用元:公式サイト

公式サイトの「講師のご紹介」を開くと、このように講師がアルファベット順にずらっと並びます。

まず、写真を見ながら、お子さんと相性の良さそうな先生を直観で選んで、緑色の名前をクリック!

 

引用元:公式サイト
引用元:公式サイト

すると、先生の紹介文の右上に、現在お気に入りに登録されている数が表示されるようになりました!!

このハートの数で、人気のある先生が一目でわかるようになったので、かなりの確率で子供のお気に入り先生を見つけられるようになったので大変便利になりました。

この先生は352個もついていますので、かなりの超人気講師です。

普段私が選んでいる先生は、150以上ハートがついている方を選んでいますが、ほぼヒットしています。


また、紹介文の下には、これまでどおり動画での自己紹介が掲載されています。発音のチェックに役立ちますね。

 

引用元:公式サイト
引用元:公式サイト

さらに動画の下には、先生の写真と出身大学、講師歴、趣味、得意なレッスンが紹介されています。

私は「特徴」のところに「子供が得意」と表示のある方を選択しています。この先生は、その表示がないので、子供のレッスンが苦手なのかもしれません。。

子供に慣れてる先生は、子供をのせるのが大変上手ですし、レッスンがスムーズに進みます。

 

お気に入り登録数が表示されるようになってから、いま3名のお気に入りを見つけられるようになったので、希望時間に必ず好きな先生のレッスンを予約できるようになりました。

kiminiの毎日レッスンは料金が安い分、毎日レッスン後に翌日の予約を入れる手間があります。慣れていても、つい忘れて慌てて取ることもありますが、新しい講師を探さなきゃいけない時も本当に楽になりました。

他のスクールでは、追加料金で担任制を設定できるところもあります。

いずれ、kiminiオンライン英会話にもそういうシステムが加わるかもしれませんね。

 

とはいっても、kiminiの魅力は低価格で楽しいレッスンを毎日受けられるところなので、予約の手間も仕方がないと思って毎日頑張ってます。笑

学研のオンライン英会話kiminiを利用しています

以前利用していた産経オンライン英会話から、学研のオンライン英会話kiminiを現在利用中です。

子供たちが大好きだったフィリピン人講師の方の勤務時間が変わってしまったため、予約が取れなくなってしまい、ほかの講師を試してみたのですが、その先生のかわりになるようなお気に入りの先生が見つからず、ちょうどほかのスクールにも興味があったため、そのタイミングで学校を変えることにしました。

kiminiも産経オンライン英会話と同様、フィリピン人講師とマンツーマンで25分毎日レッスンができるプランがあり、料金もほぼ同じくらいです。予約は、レッスン終了後に、次回のレッスンを予約するシステムです。

産経オンラインにはベテランの年配の講師も多く在籍していますが、kiminiは、若い講師の方ばかりで、年配の方は珍しいほど。個人的な印象ですが、人見知りしそうなお子さんにも楽しくレッスンができるように、やる気を与えてくれる講師がkiminiには多く在籍してるように感じています。

実際、お気に入りの先生はすぐ見つかりましたし、その先生の予約が取れないときは、講師紹介のところで経歴や実際に英語で自己紹介している動画をみながら選びます。私は、笑顔が自然でポジティブな印象の方をチョイスしていますが、だいたいうまくいきますね。

あと、いくつかレッスンが進むと確認テストがあるので、身についているのか心配なママにも安心できるシステムだと思います。

あと、予約していた先生が急に欠席になった場合、自動的にほかの先生が担当になりますが、そういう機会に相性の良い先生に出会うことも多いです。

以前は、好きな先生の予約が取れないと、「やりたくな~い」と文句を言ってもめる原因になっていましたが、今ではお気に入りが多いので、そういったトラブルもなく快適に英語学習ができています。

上の子は、学校の英語のクラスで、先生や友達に褒めるられるほど英会話が上達していて、本人の自信にもなっているので、オンライン英会話をはじめておいてよかったなと思っています。

それに、いまでは、毎朝早起きして、学校へ行く前に1レッスンこなすのが習慣になっています。朝の方が頭が冴えてよくできるそうです。笑

 

 

子供オンライン英会話でのおすすめ講師のタイプ

オンライン英会話を口コミや評判で選んでみたものの、なかなかお子さんが気に入った講師が見つからないケースが多いようです。

我が家では、お気に入り講師を無料体験レッスンで見つけることが多いです。

コツは、講師を予約するとき、もし検索条件をいれることができる学校でしたら、「講師履歴が5年や3年以上あること」、「大学での専攻が教育系または英語分野」で絞り込みます。

そのなかで、顔写真をみてフィーリングで良いなと思った方の詳しいプロフィールや紹介動画を見ます。

自己紹介文や実際の英語の発音をみて、ある程度判断できます。

また、お子さんといっしょに探すのも良いと思います。意外とお子さんの方が簡単に見つけたりします。

いままでの経験からですと、学歴よりも温かい人柄が伝わってくるタイプの先生が良かったです。教職員を退職されたベテラン先生や、外資の建設会社を引退して講師をされてる紳士の方も良かったです。

長く続けてくると、だいたい感覚でわかるようになってくるので、フィーリングを頼りに見つけてみましょう。

最初の無料体験レッスンで、3回以上お試しできる学校も増えてきたので、根気強く探すことです。

そんな時間はない!という方には、間違いなく人気講師を予約できる、QQ英会話があります。

ここは、先生の実力や人気によって、レッスン料が異なります。

無料体験のときに人気講師の方とレッスンしたのですが、発音も授業内容もパーフェクトでした。ただ、毎日レッスンプランでは当然高くなってしまうので、本契約はしませんでしたが、好印象のスクールでした。しかも、カランメソッドのクラスもあります。

好きな先生に出会えると上達も早くなりますので、ぜひお気に入り講師を見つけてあげてください。

 

 

 

子供がオンライン英会話をはじめて半年経ちました

安くて毎日レッスンできる産経オンライン英会話をはじめて半年。
効果は、かなりのもので上達が早くて、本当に満足しています!

先生と夏休みのことを雑談したり、レッスン後、英語でメッセージを送り合ったり
楽しんで取り組んでくれてるので良かったなと思います。

最初は毎日って大変かもと少し心配しましたが
すっかり毎日1レッスンが習慣となって、旅行先や外出先でも、ipadや携帯をつかってレッスンしています。

夏休みでどうしてもお休みしたいときは、簡単に休止させてもらえますし、
好きなときにまたスムーズに再開もできるので続けやすいです。

無料教材をつかって、本人の意思でその日の学習するところを決める為
うちの場合、教材の順番に一回のレッスンで、ひとつずつ進めていますが、
やはり一回だけではちゃんと覚えられないので、ある程度進んだところでもう一度同じところを復習する意味で
おわった教材の分を総合的に応用して話す練習も取り入れています。

最近、気に入っていた先生がやめてしまったため、いまいろいろな先生を予約して探してるところです。

オンライン英会話は、いまどんどん増えていて
なかでもイギリスのカランメソッドを導入してる学校が気になっています。

費用が、月8回で6千円以上しますので、カランメソッドととるか毎日レッスンの方をとるか
これから無料体験をして検討していこうと思っています。

オンライン英会話をはじめてから、本人もだいぶ英会話に自信がついてきたことは大変嬉しく思っています。
初対面の外国人とも臆せずコミュニケーションが取れるようになったので、
ちかいうちに友人のいるイギリスへ連れて行ってあげたいです。

産経オンライン英会話

いろんなオンライン英会話をひと通り試してみた後、産経オンライン英会話に入会しました。

毎日25分のレッスンができて、月々6000円くらいとリーズナブルですし、質の高いフィリピン人の先生方が多く在籍しているので決めました。

実際レッスンを受ける子供本人が、気に入った先生を見つけることができたのも理由のひとつです。

すでに1ヵ月経ちますが、臆せず英語で楽しく会話してくれてるので、これからも継続していこうと思ってます。

また、レポートします♪

子供向けオンライン英会話のメリット

オンライン英会話ってご存知でしょうか?

パソコンやタブレットに無料ビデオ電話サービス「Skype」や専用アプリをダウンロードして、自宅にいながら外国人講師とプライベートレッスンを低料金で利用できる、大変便利なサービスです。

ほかに習い物が多いお子さんでも、1レッスン25分間なので、ちょっとした空き時間を利用して取り組めますし、通う時間や送迎もいらないので、手軽にはじめやすいところも人気の秘密です。

我が家も試しにどんなレッスンが受けられるのか、こちらの「おすすめ子供向けオンライン英会話のご紹介です。17校体験しました!」のサイトを参考に無料体験レッスンに申し込んでみました。簡単な会員登録みたいなものはありますが、無理な勧誘や自動的に本登録になることもないので、トラブルもなく安心して楽しむことができました。

気に入ればレッスンプランを選択して、クレジット決済してから受講する感じです。

講師は、英語が母国語のネイティブの先生や日本語と英語が話せるバイリンガルの先生、そしてフィリピン人の先生と大きく3つのなかから選ぶことができます。フィリピン人の先生はとても陽気で明るくて、子供たちにも人気があるそうです。また、レッスン料もかなりリーズナブルなので、毎日レッスンを受けられるタイプのものもあります。

思っていた以上に講師の質も良かったですし、スカイプなどのテレビ電話でも十分に臨場感があって実際に対面して行うレッスンと変わらない内容なので驚きました!小さなお子さんの興味をひく工夫がいっぱいみられて、これは楽しいレッスンだなと思いました。

お子さんが小さいうちから英語に親しむ環境を手軽につくってあげられるので、大変便利な教材だと思います。

また、教室への送迎の負担もなく、低料金で続けられるところも魅力ですね。

大人の方でも、海外で養った英語力を維持するためにオンライン英会話を利用してる方も多いそうです。私自身のためにも良さそうなので、レッスンを受けてみようと思ってます♪

 

 

 

 

 

 

 s

親子留学をするなら

最近、日本でも親子留学の人気が高まってきています。

父親は日本で仕事して、ママとお子さんで海外へ渡ります。

はじめは、家族が離れて暮らすのは・・と躊躇しましたが、親子留学を決めた方のお話では、ちょうどご主人が仕事に没頭したい時期でもあるし、小学生低学年のいまがちょうど行きどきだからという理由でした。

それに、海外では親子留学はよくあることで、いまやっと日本でも話題になりはじめまて、有名人の親子留学も話題になったりしてます。

以前は、国際家族や父親のお仕事の関係で海外へ家族でわたって、子供がバイリンガルになるというのが主流でしたが、いまは子供に理想の環境を与えるために自由な選択肢があります。

都内の高額なインターナショナルスクールは無理でも、いっそ現地へ行ってしまえば費用もおさえられますし、確実にバイリンガルになるでしょう。ただ、子供の年齢にあった出発前と帰国後のケアが大切になります。

幼児ですと、小さい子は吸収が早い分忘れるのも早いので、英語力を維持するため帰国後のケアが大事になります。小学生・中学生では、現地の言葉に加え、帰国後に備えて漢字の学習が必須になります。3年以上の留学になると、日本へ帰国せずそのまま現地にいたいと希望する子も多いです。

 

私は社会に人になってから、本場の英語を習得したくてイギリスへ留学しました。

もし親子留学するなら、イギリスを選びたいと思っています。理由は、もちろんイギリス英語を学ばせたいこともありますが、イギリスの学校はお勉強以外の課外活動にも大変力をいれているからです。

スポーツや芸術、ボランティア活動などから、自分自身の表現の仕方、周りの人との接し方や気配りなど、実際に生きてく上で必要なスキルを学べる学校が多くあります。

英語だけでしたら日本でさせたいと思ってましたが、こういう魅力的なアカデミーなら親子で渡りたいという気持ちになりました。でも、家族のことですので、もう少し考えてみようと思ってます。

 

 

 

 

わが子が英語で苦労しないために

東京在住の香織と申します。

カトリック系の私立幼稚園に10年勤務したあと、イギリス留学をして幼児教育を学び、現在は港区で幼児向け英会話教室を運営しています。

小学校から大学まで英語の授業を受けたにも関わらず、街中や海外で外国人と英語で話したりコミュニケーションができないのは、とても恥ずかしいことだなあと非常にコンプレックスを感じました・・

受験だけで終わらない、実践で使える英語力を身につけるにはどうしたら良いか、自分の子供たちにいくつかの方法を試しながら、自然なバイリンガルになるように二人三脚で取り組んでいます。

去年、小学3年生の息子が英検2級に合格しました。

幼児教育で有名な「家庭保育園」を購入して、実際全部の教材の活用は残念ながら無理でしたが、イメージが書いてあるカードとその絵の単語をネイティブが発音してくれるCDだけは、赤ちゃんのときからしっかり実践しました。

そんなに早くから?と驚かれる方もいるでしょう。

でも、国際結婚をして海外で暮らす友達のお宅では、これが普通に日常おこなわれ、自然と2ヶ国語を話せる子供になっています。

とくに母親の言語を早く習得するので、外国にいたとしても母親と接するうちに自然と母国語を身につけて、現地の学校では外国語を自然に吸収することができます。なので、外国語習得を目的とした親子留学をするなら、出来るだけ小さいうちが効果的だと思います。

私の親友の場合、幼稚園3年間をアメリカで過ごした息子さんはいま小学3年生ですが、日本へ戻ってからも英語を流暢に話すことができます。

このように子供は大人よりもずっと簡単に言葉を覚えてしまいます。それは、言葉を自然に覚える能力には臨界期があるからです。臨界期は10歳くらいまでといわれていて、それまでに英語に触れていれば日本語にない音も判別することができます。

たとえば、日本語にない英語のRやLの音の聞き分けは、この臨界期前に習得しておけば、簡単に英語を聞き取ることができる英語耳になります。

大人の日本人がいくら英語をがんばっても、なかなか違いを判別できないのはそのためです。

こういうことから、幼児から英語にふれさせてあげて英語耳を養ってあげようと、我が家では赤ちゃんのときから実践してきました。

毎日ですので大変なときもありますが、慣れて習慣になってしまえば大したことではありませんので、興味のある方はぜひ実践してみてください。うちの子供たちがそうであるように、きっといつか感謝してもらえるはずです。